整然と並んだ畳は見ていて気持ちのいいものですが、畳の敷き方にルールがあるのはご存知ででしょうか?ここでは、基本的な畳の敷き方について紹介します。

祝儀敷き

一般的な住宅の場合、畳の合わせ目が十字にならないように敷きます。この十字にしないとするのが祝儀敷きです。

不祝儀敷き

祝儀敷きとは逆に、畳の合わせ目を十字にした敷き方を「不祝儀敷き」と言います。これは寺院仏閣や旅館の大広間で採用されている敷き方です。また、葬儀など縁起の悪い時にも不祝儀敷きと決まっており、昔は自宅でお葬式をする時は畳を敷き直していたそうです。寺院や仏閣、旅館の大広間では、ほとんどの人が同じ方向を向いて座る事が多く、畳も同じ方向が良いとされたようです。さらに、移動のしやすさや掃除のしやすさから、不祝儀敷きが好まれています。

切腹の間と茶室における畳の敷き方の違い

切腹の間も、茶室も、4畳半の部屋ということで共通していますが、畳の敷き方については異なっています。

その他のルール

床の間は上座とされており、床の間と畳とが平行になるよう敷かなければなりません。畳の縁が床の間にあると失礼に当たるためです。また、部屋の入り口の畳に関しても、畳の目が進行方向と平行になるように敷きます。

畳の敷き方に以上のようなルールがあるとは面白いですね。畳は日本人が考えた大切な文化であり、敷き方も後世に伝えていけるといいですね。